『はいそうですか』 [考察No.039]

2007年07月20日 13:39

うぅーむ……約3ヶ月半ぶりの更新ですね。

この間に何が身の回りで巻き起こっていたのかというと……。



──いろいろ大変だったなァ。






まぁそんなことはさておき、久しぶりのブログで緊張しつつ。


よく私達の身近な日常会話の中で、こんなんがありますね↓

------------------------------------------------------

A氏「えっ、まだあの書類まとめてないのか? すぐにやるように言っておいただろう!」

B氏「し、しかし課長! それは先日、社長のスキャンダル的なことがあって、
   とても手が回る状況ではなくてですね……!」

A氏「そんな言い訳をされて、はいそうですかと納得出来るはずないだろ! すぐに作り直せ!」

B氏「は、はいっ! ただいま!」

------------------------------------------------------

↑という会話です。

おそらくはまぁ、大人となった方達はある程度、その言葉を口走ったことが
あるのではないでしょうか?


「はいそうですか」と。


私は、↑この言葉が昔から謎でした。
というのも、何故、敬語なのか? ということ。
「ああそうか」でも「ほうそうなんか」でもいいハズなのに、
世の大人達の口から発せられる言い回しは全て「はいそうですか」である。

何故そんなことになってしまったのか?
しかも上記の例の会話にある通り、目上である課長だというのに、
ヒラの社員にもその敬語による言い回しを発言する始末。

そもそも「はいそうですか、とはすぐに納得出来ない」と、
この世で一番最初に発言した人物は誰だ!
私はその人に、その時に何が頭の中に思い浮かんで思わずそう口走ってしまったのか
と、小一時間問い詰めてみたい。


普通に考えれば、「はいそうですか」という言葉自体は、非常にクールかつスマート。
イヤミでも何でもなく、素で「はいそうですか」と言ってしまえば、
相手の方からすれば「ありえないほどに物分りのいい武人で助かった」
という印象を持たれることだろう。
……ん? そういうことか?
「私はすぐにそう言えるほど物分りがいいワケではないから、納得できない」
という意味が「はいそうですか」には込められているのだろうか。




──夏の時期に頭を使っていると、ますます暑くなってきますよね。
え? そんなことはどうでもいい?

はいはい、そうですか。




『バカじゃないの?』 [考察No.035]

2007年03月30日 14:46


ほとんどの人はついつい口走ってしまったこともあるのではないでしょうか?
「バカじゃないの?」と……。

まぁ、いつものことながら、こういう言葉が私は嫌いですねェ……。
「バカじゃないの?」とは、私は極力、意識して言わんとこうとしています。
いや、コレは……「バカじゃないの?」って言った方がアホみたいだしなァ。

この言葉は、要は「あなたはバカなの?」と怒りながら聞いているということでしょう?
何故、わざわざ聞くのか。
「あ、こいつバカだ」と思った人は、自分の中だけでそう思っていたらいいワケです。
何故、その本人に了承を取るのか。
いや、了承というか……その本人に同意を求めるのか。
いちいち聞く意味が分からんということです。

しかし大概の方は「聞いてんじゃなくてただ言っただけやっちゅーねん」
と言うでしょう。
なら何故、語尾を上げるのか。
聞いていないというのなら語尾を下げなさい。
そして、自分の中だけで解決しなさい。その人がバカなのかどうなのかは。

聞かれた側は、返答に困る。
いや、これもいちいち「オレはバカじゃないぞ!」と答える人もいないと思うけども…。

なんというか……私の中では気持ち悪い。
なんだか消化できていない感じ。






……こんな私って、バカじゃないの?





『怒り気味で反論する時に限って語尾が敬語になる人』 について考える。 [No.019]

2007年03月12日 11:17




……皆さんの周りにもけっこういますよね? こういう人が。


母親  「お母さんが取っておいたプッチンプリン、食べたのアンタでしょ!」

子ども 「僕じゃないですぅ~! 根拠もないのに人を犯人呼ばわりしないでくだっさ~い!」


↑みたいな感じ。


私個人としては、コレがものすごく嫌い。
人を小馬鹿にした態度の最上級スタイルだと思いますね。
何故、普段は敬語などまるっきり使っていない人が、
反論する時に限って憎たらしく言うのか。
いや、敬語を使うなら使うで、こういう言い方をすれば↓

子ども 「いえ、お母さん。僕ではないです。僕は知りません」

母親  「アラ…? 何そのテンションの低さ…。まぁ、それだけ低かったらアンタじゃないわね」

↑このように、すんなりとコトが運ぶハズ。
それなのに、何故、語尾を伸ばす必要があろうか。
この言い方をすれば逆に「あぁ、この子は頭の弱い子なんやなァ」と思ってしまう↓

母親  「嘘いいなさい! お兄ちゃんは違うって言ってるのよ!
     アンタしかいないでしょ!」

子ども 「違いますぅ~! 絶対にお兄ちゃんでっすー!
     僕は知りませ~~~ん!」


私は、自分にこれを言われた時はもちろん、周りでこの口調になっている人を見る時も、なんだか胃がムカムカしてしまう。
こう……両サイドから頭を鷲掴みにし、そのまま重力に逆らいながらグルングルンとその人を回したい。
いや、やらないけど。というか意味分かりませんね、ハイ。



ともかく、普段からも敬語に慣れていこうね。
普段から敬語の人だったら、別にいいんです。
さぁ、皆で敬語をれっつえんじょい。