『角に足の小指をぶつけようと企む妖怪』 [考察No.045くらい]

2009年01月29日 18:26





絶対に、そういう目的を生きる糧としている
妖怪的なヤツが居るに違いない。




角というのは、壁の角だったりタンスの角だったり
棚の角だったり箱の角だったり。


日常的に普通に生活している限り、ありえないことだ。
家の中で歩いている際、足を角から避け損なって
渾身の力を込めた感じになって小指をぶつけてしまうなんて。


そう、私は絶対に避けたハズなんだ。
私も別に目が見えていないとか、
角の気配が感じ取れないほど鈍いとかじゃないから。

廊下の曲がり角で曲がる際、絶対に足を大きく旋回させているハズ。
自己主張もせず、普段からあまり目立たない角に
足の小指がぶつかってしまう確率なんて極めて低いハズだ。




でも、年に2、3回はぶつけてしまう。
その度に悶えてしまう。ピョンピョンする。

不思議なものだ。






それともアレか?
頭の中でまだ大丈夫と思っているだけで、
私も気付かぬ内にだんだんと足先の感覚が鈍くなっているというのか?

いいや、そんなことはない。
普段から音楽を聴いている時は、
足先でリズムを取ることが多いし。
床をめっちゃバンバンやってるし。







そう、もう分かったから出ておいで。
私の足の小指にイタズラばかりする妖怪的なモノ。

たぶん、私が曲がり角を曲がる時、
どこからともなく現れて、
私が気付かない内にサッと足を余計に持ち上げて、
ササッと小指を角にぶつかる位置にまで誘導しているに違いない。




なんか……アレだ。
その妖怪は「THE・小指職人」とでも名付けよう。

見た目的にはめちゃ小さい。七人の小人の中に紛れてても
違和感なく八人目として迎え入れられるくらい。

その瞳は鋭く、頭には中途半端に6本くらい角が生えてて。
カドじゃなくて、ツノね。

そして、年中パンツ一丁で家の中を走り回り、
顔つきはすんごいいやらしく、
「げひひひひ」というのが笑い方。

もし私の目の前に現れたとしたら……↓





【私】
「あっ、お前! 悪さばっかりしやがって!
 またタンスの角に小指ぶつけてしまったじゃないか!」

【小指職人】
「げひひひひっ、アッシは知りやせんぜ。
 ダンナが勝手にぶつけたんでさァ」

【私】
「その笑い方をやめろと言ってるだろ!
 そんなんだから異性にもモテず、イタズラばかりするようになるんだ!」

【小指職人】
「なんだとォォォォォォォォォォォォォォォ」

【私】
「ギャァァァァァァァァァァァァァ!!
 小指職人が怒ったァァァァァ!!
 小指が親指くらいの太さにィィィィィ!!」









【小指職人】
「ま、それだけなんだけど」

【私】
「それだけなのか!」








妖怪「THE・小指職人」は、人間の言葉ですぐに怒り狂い、
身体が1.5倍くらいに膨れ上がる!
でもそれだけだ! 2秒くらいで元に戻るぞ!




















……うーん、ワケ分からん妖怪を生み出すくらい、
私は疲れてるのだろうか……。






『そんな失恋レストラン』 [考察No.038]

2007年04月03日 15:44


大人な皆さんは、「失恋レストラン」という歌をご存知のことと思います。
私も二十代前半ですが、なんとなく知ってます。

……アレ? 歌おうとしても歌えない……。
サビの「そ~んな~失恋レストラン」しか歌詞が分からない……。
考えてみると……失恋レストランといえば、今までそこしか聞いたことがないような気が。
まぁ……特に他の部分は知りたいとも思わないし、別にいいんスけど。

しかし、失恋レストランというところはどんなんでしょうね。
実際にあったとしたら、失恋した人しか行かないわけですから、そのレストランに入っていった時点で他の人から「あ、あの人失恋したのか…」という目で見られること必至です。
何も失恋したからといって、レストランに行くことはないでしょうに。




……う~ん、失恋レストラン。



『気は優しくて力持ち』 について考える。 [No.012]

2007年03月07日 20:36


気は優しくて力持ち──



いいですねェ、この金太郎のような感じの響き。

この性格に当てはまるキャラというのは、漫画でもアニメでもドラマでも、何故か脇役が多い。
でもこういうキャラの方が、意外と人気があったりしますね。

「縁の下の力持ち」という言葉も、同じくいいですねェ。
意味は違いますが。

しかし、どちらにも共通しているのが「力持ち」だという身体的特徴。
……ん? 身体的……? まぁ気にしない。

ともかく、やはり男たるもの、力持ちの方がいいのか。
そりゃぁ、箸より重いもの持ったことがないよりかは、一人で跳び箱を二段くらい持てた方が良い。
私も一度くらいは、分厚い電話帳を素手で真っ二つに破いてみたい。
鏡の前でポージングをとってみたい。筋肉を強調して。


……なんでこんな話に?




ジャイアンもこのカテゴリーに入るのか……?
いや、映画の中ではともかく、テレビアニメでは優しくはないと思うな……。