『納豆のタレを入れるのはネバネバさせてから?』 [考察No.042]

2007年07月28日 12:18

私は納豆も好物で、しょっちゅう、朝でも昼でも夜でも食べるのですが。

とはいっても、特に食べ方にこだわりがあるワケではなく、しかも朝の忙しい時間に、
こだわる時間もない為にササッとネバネバさせて食います。
別にネギとかも入れず、タレとカラシだけ入れて。


どうやら世間では、タレを入れるタイミングで一苦言がある方が多い様子。
というのも、納豆をよく混ぜてから、タレを入れた方が美味いということらしいですが。

うーん……私にすれば、これはよう分かりません。
舌バカなのかもしれませんが、タレは混ぜる前に入れても混ぜた後に入れても
大して変わらないような……?
ということですので、私は開けてすぐにタレを入れてしまいます。納豆を混ぜる前に。
だって、それからでも遅くないのですから。混ぜるのは。
私なんかはもう、タレとカラシを入れた途端にそれはそれは鬼の如くかき混ぜます。
たま~に力余って容器から箸が突き抜けてしまうこともあります。
それほど憎しみを込めてかき混ぜるのです。
ええ、ぐっちょぐちょに。原型も留めないほどに。

ついでに言うと、納豆にネギ入れる人とは私も合わない気がします。
だって、ネギ入れるとか、どんなストーリーがその人の頭の中に出来上がって
ネギを入れるという結論に達したんだろうとか思ってしまうんだもの。

このブログにも前に書きましたが、
牛丼にごっそりと覆い尽くすほどの紅生姜を乗せる人がいますが、
それは「牛丼」ではなく、最早「紅生姜丼+牛肉・たまねぎ和え」という料理です。

↑これとほぼ同じ原理で、決して多いとは言えない容量の納豆の中に、
ほぼ同じくらいの量のネギを入れてしまうと、それは「納豆」ではなくて
「ネバネバネギ(大豆100%)」という商品名に切り替わります。
私としては、そのまま「納豆」という形で皆さんに食して欲しいなぁと思う所存で。







──ま、美味けりゃいっか♪



コメント

  1. 面倒くさがり屋さん | URL | -

    納豆はなんにせよ、好きにはなれませんね。納豆の匂い・・・触感・・・私は嫌いですねぇ・・・。ネバネバは別にいいんですけどね。
    納豆は・・・好きになれないですよ^^;

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kirinbun.blog83.fc2.com/tb.php/47-8064d407
この記事へのトラックバック